生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、生命保険の加入率は男女ともに約8割を超えています。 

しかしながら、
加入している保険に対して不満もあるようで、その内容の上位は、

・保険商品の内容がわかりにくい
・保険内容が自分に合っているのかわからない
・加入後どのような保険に加入しているのか忘れる

となっています。

上記のような不満があるのに、なぜ皆さんはそのまま入り続けているのでしょう?

もしかしたら、「保険はすぐに使うものではないから後で…」と先送りにしたり、
「普段の生活では仕事や家族のことで忙しくて」と保険のことを考える時間がないのかも知れませんね。

皆さんは、いかがですか?

もし、皆さんもこのようなお気持ちを持たれているようなら、このページをご覧になった機会に、少し思い起こされてみてはいかがでしょうか?

例えば…

秩父保険の相談室