保険を見直を考えたときに大切にして欲しいこと

保険の見直しって皆さんどんな時に行っているのでしょうか?

今入っている保険は数年前に加入した生命保険ですが、この保険に対してそれほど不満に思ってもいません。
確かに今の保険料は少し高いと思うけど、保障も充実しているようにも思います。

それに今の保険を解約したら今まで払った保険料がもったいないようにも思います。

もし、保険を見直すのであれば、どんな時に何を大切に保険の見直しを考えていけば良いのかわかりませんので教えてください

そうですねどんな時に「保険の見直し」が必要なのか一緒に考えて見ましょう。

どんなタイミングで見直しを考えるのか?

まずは保険の見直し考えたはきっかけはどんな時が多いのでしょうか?

  • 保険の更新時期のお知らせが届いた。
  • 結婚して子どもが生まれたため家族のための保障が必要だと思った。
  • 収入が減ったので保険料を安くするため。
  • 子どもたちが成長するまでと思って入っていた保険が不要になったと感じたから。

など保険の見直しのきっかけは人それぞれだと思います。

どんなことが問題になったのか

見直しのタイミングはそれぞれですが、困りごとの中心は大きく分けて2つです。

  • 保障を大きくしたい(或いは小さくしたい)
  • 保険料を安くしたい

見直しの問題点は意外とシンプルですので、保障と保険料のバランスを考えれば良いと思います。

どんなことが困るのか?を考える

保障を考えるのに当たって、現在の生活を考えることがとても大切です。

保険は、「めったに起こらないけど、もし起こってしまったら自分の貯金ではとても賄えないことのために入る」と思います。

「めったに起こらないけど、金銭的にもそれほどかからない事柄」の場合には保険は不要だと考えられます。

自動車保険や火災保険は、めったに起こらないけど大金が掛かる可能性があります。生命保険や医療保険の場合も、「こんな風になったら家族が大変だ!」というものから優先順位をつけて見直し、保険加入をしていけば良いと思います。

先ほど、大きく分ける2つの困りごとがあるとお伝えしましたが、具体的に2つの困りごとを解説したいと思います。

「保障を大きくしたい」

保障を大きくしたいと考えた時に、どんな未来のリスクを考えるでしょうか?

例えば、結婚した(守る家族が増えた)という未来へのリスク

同様に子供が産まれた。

それ以外では、転職して、職業柄残された家族へのリスクを考えての保障。

遺伝的な問題で、若い時はよかったが30代を過ぎてから気になってきた場合などもあると思います。

保険料を安くしたい

保険の見直しをお勧めした場合に多いのが、
昔入ってそのままという人のほとんどは、ほとんどが見直しをすると安くなる傾向があります。

今必要ではない保障を見極めて、必要な保障、不要な保障を選択することです。

注意点

普段の生活の中で、不安に思うことも沢山あると思いますが、ご自身の見直しのきっかけになった項目、保障を大きくするとか保険料を安くするなど、のことを忘れずに、優先順位を考えてその部分が達成できるように見直しをしましょう。

保険の見直しするをするに当たって、保険会社へ相談することになると思いますが、保険会社によっては色々な商品や加入の方法など教えてくれると思います。

色々な提案を受けることもあると思いますが、不明な点は何度も質問をして納得するまで加入することはおすすめできません。





まとめ

今回は保険の見直し相談にいらっしゃる方は、保険料を抑えたいという方が多いと思います。

保険は不安な部分を解消をしてくれるものではありますが、あまり出番がないためその一方で家計の負担にもなってしまっているのも確かだと思います。

新規で加入した時は必要だと思った保険も、生活環境の変化で負担にあることがあります。

不安だからといって沢山の保険に加入して保険貧乏になってしまっては何のために働いているのか意味が無くなってしまいます。そんな時はぜひ保険の見直しをして欲しいと思います。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

秩父 むさしの保険の相談室

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえ保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたのご相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」も行なっていますのでお越しください。

秩父 むさしの保険の相談室

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です