保険の見直しはなぜ必要?見直しが必要な理由とタイミングとは?

保険の見直しって必要でしょうか?

10年ほど前に加入した保険会社から連絡がきてそろそろ更新時期だから見直しもいかがでしょうか?と連絡をいただきました。

広告やコマーシャルなどでよく「保険の見直しをしませんか?」と言う表現を見かけますが、本当に保険に見直しは必要でしょうか?

今の保険に加入した時も、とても面倒だなと思いつつも何度も相談して決めた保険ですごく考えて入ったのでこのままずっと加入でも良いのかな?と思います。いかがでしょうか?

確かに、見直して何度も面倒ですよね。しかし、不要な保険などを見直すことは家計の負担も軽減できる可能性がありますので、そのあたりも含めて保険の見直しについて一緒に考えて行きましょう。

なぜ保険の見直しが必要なのか?

それは、契約者を含めた「家族のライフシーンに変化が起こる」からです。保険の契約者や被保険者など、または同居している家族の状況が変化するのは当然なことで、保障内容が合わなくなった保険を、他の保険に変更したり、保障を追加あるいは解約することで、現状に合ったものに変えていくことが保険の見直しです。

一度入って仕舞えば、そのままでいいと思いがちな保険ですが、実は見直しをしないと損をしてしまうかもしれないのです。

つまり、「ライフシーンに合わせて考える」ことが損をしない、適切な保障を受けるコツでもあります。

具体的に考えるのであれば、

①結婚して子どもが出来たときには、独身時代に加入した死亡保障だけでは不足してしまいます。子どもが大きくなるまで家族を支えられる保険金を考えて期間限定で加入します。
このような場合は、一生涯の保障ではなく例えば20年ぐらいの期間の保障で加入ケースがあります。
次に子どもたちが就職して独立た時はどうでしょうか?、

②子どもが独立するまでと思って加入した①の保険で子どもたちのための保障は不要になると思います。このような場合は、ある程度貯蓄があると仮定すると、葬儀費用など最低限の保障を残せば良いと言う考え方があります

保険を見直しするメリット

保険を見直しするメリットには下記にようなものが一般的だと思います
* 保険の保障の過不足がなくなる
* 保険料が安くなる場合がある
* 現在の医療体制に合った保険に変更できる
* 重複している保障、不要な保険を見極めることができる

保険に加入する理由はズバリ保障です。例えば一家の大黒柱が亡くなってしまった時、奥様や子どもたち家族の生活費が困らないように保険に加入するものです。

しかしながら、子どもが独立した後、除々に保障を減らす(保険料減らす)時には保険屋さんから意外とアドバイスいただけないので注意が必要です。

見直しのタイミング

では、一般的に保険の見直しのタイミングはいつ頃が良いのでしょうか?

  • 就職
  • 結婚
  • 出産
  • 子どもの独立
  • 定年
  • 更新の時期
  • 保険料の負担を感じた時

上記のようなタイミングで相談される方も多いようですが、あるいは年月が経つにつれ家族の状況に変化があるときには保険の見直しが必要になります。

ご自身の中で、支出が変わるようなことがあれば、一度詳しい方に相談してみても良いと思います。

まとめ

保険は、保障を考えれば一度入れば安心ではありますが、ずっと入り続けるものではなく時にはメンテナンスが必要です。

保障と貯蓄のバランスを考えながら家計の大切なお金を無駄にしないためにもしっかりと確認しましょう。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえて保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」行なっていますのでお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です