「医療保険をやめたい」と思った60代後半の女性

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の福島です。

先日「この保険辞めたいんだけれど…」と「契約内容の確認」と書かれた医療保険の書類を片手に来店されました。
お話を伺うと「保険料が高い。どんな保険かもわからないし、他の保険もやめたからこれもやめちゃっていいかな…と思って。窓口で言われるがままに入った感じだし。」
と現在の加入中の保険に納得されていないご様子でした。

保険って自分にとっていったい何??

一般的には60代後半から医療保険を使う可能性が高くなってきます。
そして、持病がある場合、新たに保険に加入するのが難しくなってしまいますので、内容や保険料が悪くない場合はそのまま加入されておくことをおすすめしています。

今回は持病もありませんでしたので、次のようなご提案をいたしました。

・まず保障内容を調べてお伝えし、保障が必要かどうか判断していただく。
・必要のない保障があった場合、保障を外したら保険料がいくらになるのか?を先方の保険会社へ確認していただく。
・保険料が納得がいくようだったら契約を継続する、納得がいかない場合は新たな保険に加入する。

確認していただいたら、必要のない保障を外した場合に保険料が数百円しか変わらなかったため、新たにお客様のご意向に合った保険を見つけてご契約いただきました。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえて保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」行なっていますのでお越しください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です