セーフティーネット?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

セーフティーネット
セーフティーネットとは、個人や企業に経済的なリスクが発生したとき、最悪の事態から保護するしくみをいい、もともとはサーカス綱渡りなどで、万一落下したときでも安全を確保するために張られた「」を味する言葉で、「安全網」または「社会的安全網」とも訳されています。
保険におけるセーフティネットとは、生命保険会社が経営破綻した場合に、保険契約者等を保護することを目的とした設立された「生命保険契約者保護機構」のことを指します。同機構には国内で事業を行うすべての生命保険会社が加入しています。
破綻時には、保険会社の責任準備金の原則90%までを補償するよう、受け皿会社への資金援助等を実施します。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

秩父 むさしの保険の相談室

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえ保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたのご相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」も行なっていますのでお越しください。

秩父 むさしの保険の相談室

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です