センシティブ情報?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

センシティブ情報
これは「せんしてぃぶじょうほう」とよみます。
センシティブ情報とは、本人の信条や社会的身分、病歴など、漏洩した場合に犯罪に悪用される、もしくは重大な不利益を本人に及ぼす可能性のある情報のことです。
「機微情報」とも呼ばれています。
保険契約における被保険者の告知事項などは、センシティブ情報に該当するため利用目的が限定されています。
センシティブ情報の具体的項目に関して、以下の5項目を挙げています。
(1)思想及び信条に関する事項
(2)政治的権利の行使に関する事項
(3)労働者の団体交渉に関する事項
(4)医療、性に関する事項
(5)犯罪の経歴、人種、民族、社会的身分、門地並びに出生地及び本籍地など社会的差別の原因となる事項
こうした情報を扱うにあたっては、取得する前に本人に同意をとった上で、適正な保管と管理が義務付けられています。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえて保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」行なっていますのでお越しください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です