為替ヘッジ?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

為替ヘッジ
これは「かわせへっじ」とよみます。
ヘッジというのは、リスクを減少させるためにとられる行動のこといい、為替ヘッジは外貨建ての資産に投資する場合に、円高による為替差損の回避目的で行われることが一般的です。
例えば「米国株式の株価は上昇していくと思うけど、ドル円の為替レートによって円建て評価額が変動してしまうのは避けたい」と考えになる方のための投資方法が、為替ヘッジです。
為替ヘッジありの場合、将来の為替変動リスクを回避するために、外国為替の売予約、先物取引等を利用することによって、為替変動リスクを回避することをいいます。
ただし、こういった取引を行うためには一定のコスト(一般的には2通貨の金利差)が発生します。そのコストを負担してでも、将来の為替変動リスクを回避したいという方にとっては有効な方法です。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえて保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」行なっていますのでお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です