高額療養費制度?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

高額療養費制度
これは「こうがくりょうようひせいど」とよみます。
私たちは国民皆保険制度のもと、誰もが何かしらの公的医療保険に加入しています。たとえ病気やケガで病院にかかったとしても、その医療費をすべて自己負担(個人で負担)するわけではありません。むしろ、その多くの部分を公的医療保険がカバーしてくれる仕組みになっています。
高額療養費制度とは、1ヶ月(月の初めから終わりまで)に医療機関や薬局の窓口で支払った額が一定の上限額を超えた場合、その超えた金額が戻ってくる制度です。
つまり、どんなに医療費がかかったとしても、最終的に自己負担するのはこの高額療養費制度で定められた「自己負担限度額」までということになります。
但し、対象となる医療費は公的医療保険の適用範囲のみで、普通分娩費や美容整形費、差額ベッド代、先進医療に係る費用などは該当しません。
高額療養費制度の1ヶ月当たりの上限額は、加入者の所得や年齢(70歳未満か70歳以上か)によって異なります。70歳以上の方は、外来だけの上限額も設けられています。
高額療養費の申請方法は、加入している公的医療保険から「高額療養費支給申請書」を受け取り、必要事項を記入の上、提出または郵送しその後審査に通過すると、約3ヶ月後に医療費が払い戻される「事後に手続きをする方法」と窓口支払いの前に保険者に申請して「限度額適用認定証」を取得し、医療機関の窓口支払いの時点で、この限度額適用認定証を掲示し、健康保険の自己負担割合に応じた医療費ではなく、高額療養制度の自己負担限度額のみを支払う「事前に手続きをする方法」との2つのパターンがあります。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認してするとともに、ご家族の生活スタイルなどを考え保険の必要性を考えます。「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」を行っていますのでお越しくださいませ。

関連記事

高額療養費制度?”へ2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です