シングルマザーに知ってほしい子供の医療保険のこと

シングルの家庭には医療保険は必要でしょうか?

現在、高校生の息子と二人暮らしです。
高校生になると義務教育とは違い、かかるお金も多くなりました。

中学生までは児童手当など補助があり助かっていましたが、高校生になってくると補助も減り医療費も後少しで補助の対象外となります。
そんな事を考えた時に、そろそろ息子の医療保険も考えなくちゃいけないのかな?と気づきました。

私は共済には入っていますが、息子の保険いえば学資保険だけ。

学資保険にも入院した時の保障がついていると聞いたような聞かなかったような…。
息子はそろそろ医療保険に加入しておいた方がいいのでしょうか?

ですが収入も多くないので家計の負担になるような出費は避けたいです。

何か良い方法はありますでしょうか?

今はなんとなく不安…。ということ、本当にそうだと思います。

「そもそも医療保険は必要なのか?「もし医療保険に加入するのであればどんな保険が良いのか?」一緒に考えたいと思います。

そもそも子供に医療保険は必要なのか?

子供が小さい時には、「ひとり親家庭等医療費助成制度」がある為、
医療費負担はあまり感じないと思いますが、お子さんが大きくなり
18歳になってくると、ひとり親家庭等医療費助成制度の適用から外されてしまうので、
医療保険の加入の必要性を感じる場合も多いと思います。

ただ、18歳という年齢は、高校生を卒業し、就職するお子さんもいます。
進学する場合はまだまだ親の金銭的な支援などは必要になりますよね。

その辺のお子さんの進路などによっても保険加入を考えると良いと思います。

では、高校生になった時から加入した方が良いのかを考えていきたいと思います。

関連記事
子どもの医療保険は必要なの?

高校生のうちに医療保険に入る

子どもが学生時代に医療保険に入ることについてどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

若い時に保険に加入することで、保険料は安く抑えることができる。
若い時は成人の方に比べて健康な方が多いので保険に加入しやすい

デメリット

保険料の支出がある
病気リスクが低いので医療保険をあまり使うことが少ない

就職したときなど自立した時に保険に入る

学生時代には入らず、例えば就職してから保険に入る時のメリット・デメリットを考えたいと思います。

メッリット

保険料を払うか代わりにお金が節約できる(貯金に回せる)
保険についてじっくり考えられる

デメリット

月々の保険料が高くなる

病気があると後で入りづらくなる

加入する保険の種類を考える

医療保険は、病気やケガで入院したときの保障ですので、若い時はほとんど使わなそうと感じです。
「病気になるとはいりずらい」「保険料が高くなる」などデメリットもありますが、20代であればかまだまだ健康ですし、保険料が上がるといってもそれほどではありませんので就職してからゆっくり考えても良いと思います。

ちなみに、生命保険、終身保険など貯蓄型保険などは早めに加入し「少しずつ貯蓄しておく」という考えは良いと思います。
病気のリスクの少ない時期に掛け捨ての医療保険に加入は無駄になる可能性がありますが、積立タイプの保険であれば無駄にならないと思います。

まとめ

子どもを医療保険に加入させるか検討する前にしておくべきことは、自治体の助成金制度がどのようになっているかを確認することです。住んでいる自治体の制度、子供の年齢や自分の収入状況など様々な要因を考えた上で、医療保険に加入するか否か、加入するならばどの保険、保障内容を選ぶのか、判断することをお勧めします。

現在は共済に加入しているという事でしたので、高校在学中はまだまだお金がかかることも多くあると思います。また、未来に向けてのライフプランを考えながらどんな保険が良いのか?あるいは保険は不要なのか?ゆっくりと考えていくと良いと思います。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認してするとともに、ご家族の生活スタイルなどを考え保険の必要性を考えます。「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」を行っていますのでお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です