「主人が入院したら…」と心配になった60代・女性のご相談

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の福島です。

秩父市内に住む60代の奥様からご相談いただきました。

「万が一働けなくなったら、収入も年金だけになってしまうでしょ?その上、入院費を払う…なんてことを考えたら『困ったなぁ』と思って急に心配になったの。それで、ここ(むさしの保険の相談室)に相談に行ってみようかな。と、考えていたんだけど中々きっかけが無くて『とにかく電話してみよう』と思って…」と、ご来店くださいました。

秩父保険の相談室 むさしの

近年、長生きになって60代を過ぎても元気に過ごされている方が多くいらっしゃいますが、病院に通ったり入院することも増えてきます。
それに伴い、入院した時の保障は必要になってきますが、60代になると、入院した際に使える医療保険の加入は月々の保険料も高くなるものもあります。
お客様の希望に合った保険を紹介したいと考えていますが、「保険料の負担が大きくて、いざ必要になった時にやめてしまっていた」
と必要な時まで続けられない保険では、私たちが大切にしている「お客様にとって最善の方法」とは全く違います。

まず、お客様の希望をとにかく伺いました。
具体的に伺うことで
お客様が一番気になっていることが何なのか?
支払い続けられる保険料はいくらくらいなのか?
もしかしたら入院費より働けなくなって収入が減ることのほうが心配かもしれません。

皆さんが、えっ?これだけしか給付金が出ないの?となってしまうのは「対処したいこと」と「入った保険(保障内容)」が合っていなかったということかもしれませんね。

こちらのお客様は、もともと健康に気を使っていらっしゃったということで、健康祝い金がでる医療保険に加入されました。

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認してするとともに、ご家族の生活スタイルなどを考え保険の必要性を考えます。「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」を行っていますのでお越しくださいませ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です