基礎利益?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

【基礎利益】
これは「きそりえき」とよみます。
生命保険会社の経営の健全性を示す指標として、ソルベンシー・マージン比率や基礎利益などがあります。
「基礎利益」とは、保険会社の1年間の収益力を示す指標のひとつで、一般事業会社でいう営業利益や銀行の業務収益に該当するもので、保険料収入や保険金・事業費支払いなどの保険関連費用の収支と、利息や配当金などを中心とした運用関係の収支で構成されています。
基礎利益は、生命保険事業本来の営業活動により、毎年継続的に発生する保険料等収入・資産運用収益などの収益から、保険金等支払金・事業費などの費用を差し引いた残額の経常利益から、有価証券売却損益などのキャピタル損益や健全性維持のために必要な償却・引当などの臨時損益を差し引いて算出される利益のことです。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認してするとともに、ご家族の生活スタイルなどを考え保険の必要性を考えます。「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」を行っていますのでお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です