危険選択?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

危険選択
これは「きけんせんたく」とよみます。
生命保険は、希望者が全員加入できる金融商品ではなく、保険会社は契約の申し込みに対し、その全てを無差別に受け入れるわけではありません。
危険選択とは、保険会社が契約者全体の利益を守るために、被保険者の健康状態や職業などのリスクを評価した上で加入できるかどうかを決定することをいいます。
これは逆選択(自分に有利な契約を結ぼうとしたり、保険金や給付金などの不当に得ようとすること)の混入をできる限り排除した被保険者集団を作ることによって保険経営の安全性を確保するためです。
例えば、病気にかかっている人は危険性が高いといえます。そのような人が数多く保険に加入してしまうと、保険事故発生率が予測を超え、支払が想定以上に多くなり、契約者間の公平性を欠き、保険事業そのものに影響を与えてしまう可能性があります。
そのような事態を避けるために、危険選択が行われています。
そして、危険性が特に高いと認められる者については、特別条件が付いたり、あるいは申し込みを断り加入ができない場合があります。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認してするとともに、ご家族の生活スタイルなどを考え保険の必要性を考えます。「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」を行っていますのでお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です