成立?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

【成立】
これは「せいりつ」とよみます。
保険で「成立」とは、契約などの効力が生じることをいいますが、保険契約では、「申込み」「告知・診査」「第一回保険料の払込み」の3つすべてが完了したとき成立に至ります。
保険契約とは、保険の加入希望者が申込書と告知書を提出し、それに対して保険会社が承諾した時点で成立しますが、このように、申し込みと承諾という当事者の合意によって成立する契約を諾成契約と言い、保険契約も諾成契約になります。
承諾とは、お客様の加入の申し込みに対して、これを保険会社が認めることをいい、一般には契約の成立日を指します。また、保険会社が契約上の責任(保険金・給付金の支払いなど)を開始する時期を責任開始期といいます。契約上の責任が開始されるためには、保険会社の承諾、成立が前提となります。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です