リビング・ニーズ特約?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

リビング・ニーズ特約
通常、死亡保険の場合、死亡しないと保険金は支払われません。
しかし、医師から余命6か月の告知を受けた場合に、契約している死亡保険金の全部又は一部を生前に受取ることができるという特約があります。これを「リビング・ニーズ特約」と呼びます。この特約を付加するための追加保険料は無料になっており、余命6か月になった原因も問われず、すべての病気やケガが対象になります。
また、リビング・ニーズ特約で受け取ることができる金額は、3,000万円までとなっています。ですから、たとえ死亡保険金が5,000万円であっても、受け取ることのできる上限は3,000万円となります。(加入している保険金額が3,000万円に満たない場合は、その金額の範囲内で支払われます)そして、受け取った保険金額に対応する部分の契約は消滅しますが、残った部分の保険については、保険料の支払いは継続し支払う必要があります。
この特約の生前に保険金を受け取れる要件は「医師から余命6か月の宣告」を受けた場合となりますが、当然、余命6か月と宣告されてもそれ以上長く生存されることもあるでしょう。もしも、判断された余命期間よりも長く生き続けていたり、症状が落ち着いて安定したりした場合でも、受け取った生前給付金を返す必要はありません。
また、受取った保険金に関しては使い道に制限はありませんので、医療費や生活費などに充てることが多いと思いますが、自由に使うことができるため、余命宣告という事態においてとても心強い特約といえます。
そして、この特約の生前に受け取った保険金は非課税となっています。税金は一切掛かりません。ただし、受け取ったお金を残して死亡した場合は、現金としてそのまま相続税が掛かりますので注意が必要です。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です