外貨建て保険?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

外貨建て保険
これは「がいかだてほけん」とよみます。
私たちの一般的な生命保険は、日本円で保険料を払い込み、満期保険金や解約返戻金、死亡保険金などを日本円で受け取ります。このような保険を「円建て保険」といいます。
これに対し、日本円以外の外貨で保険料を払い込み、満期保険金や解約返戻金、死亡保険金などを外貨で受け取る保険商品があります。これを「外貨建て保険」といいます。
外貨建て保険の商品は、一般的に日本円を外貨に交換して保険料を払い込み、保険金などを外貨から円に交換して受け取れるしくみになっています。
現在、外貨建て保険の種類には、終身保険、養老保険、個人年金保険、変額個人年金保険などの一部に外貨建ての生命保険商品があります。
外貨の種類は、米ドルか、豪ドルを選べるものが多く、なかにはユーロを選択できるものもあります。
外貨建て保険のしくみは、保険料と保険金の二つが外貨ベースのため、それらの支払いや受け取りのタイミングで為替レートの影響を受けるのが大きな特徴です。たとえば米ドル建てで保険金額10万ドルの終身保険なら、いつ亡くなっても10万ドルの保険金を受け取れます。ただし為替変動の影響を受けるため、日本円でいくら受け取れるかはあらかじめ確定していません。したがって、米ドルベースではどんなに増えていても、契約したときよりも円高ドル安のタイミングで日本円に換算すると、支払った金額よりも日本円で受け取る保険金額などの受取額が下回ってしまう可能性もあります。
一方、メリットとしては外貨建ての保険は日本円のものに比べて積立利率が高めです。現在日本円では金利0%台ですが、外貨建ての保険では3%程度の積立利率が最低保証される商品も多く、低金利が続く日本の金融商品に比べると魅力的に見えることなどがあげられます。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です