低解約返戻金型終身保険?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

低解約返戻金型終身保険
これは「ていかいやくへんれいきんがたしゅうしんほけん」とよみます。
低解約返戻金型終身保険は、被保険者が死亡した場合に受取人が保険金を受け取れる死亡保険で、一生涯、保障が続く終身型の死亡保険の一つです。
この保険は、その名のとおり解約返戻金が低く抑えられるタイプの保険商品です。
一般的には、返戻金を低くしている期間は保険料を払っている期間と同じで、返戻金は低解約返戻金型ではない終身保険の70%となっています。
このように一定期間の返戻金を低くすることで、保険会社は支払う解約返戻金が減り、加入する人の保険料は、低解約返戻金型ではない終身保険よりも割安な保険料で加入できます。保険料払込期間後についてみてみると、解約返戻金の額は通常の終身保険と同じになり、つまり通常の終身保険より少ない出費で同じだけのお金が戻ってくる訳です。
しかしデメリットもあり、もし返戻金が低く抑えられている期間中に解約すると、低解約返戻金型ではない終身保険よりも受け取れる返戻金は少なくなります。又返戻金が低く抑えられている期間中は極力継続することがのぞましいので、その間は保険の見直しがしづらいことや、加入時に将来の保険金や保険料だけでなく解約返戻金も決まっているので30年後や40年後に解約した場合、返戻金が確定しているので安心できることかもしれませんが、インフレ(デフレ)でお金の価値が変わっても、それに連動して変わることはないことなどがあげられます。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です