収入保障保険?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

【収入保障保険】
これは「しゅうにゅうほしょうほけん」とよみます。
収入保障保険は、あらかじめ決められた保険期間中に被保険者が死亡または所定の高度障害状態などの万が一のことが起こったとき、その時点から満期まで保険金をお給料のように年金形式で受け取ることのできる掛け捨てタイプの死亡保険です。
特徴としては、被保険者の亡くなった時期などから保険適用期間終了までに保険金が支払われる仕組みであるため、被保険者が亡くなった時期などが保険適用期間に近ければ近いほど支払われる保険金額は少なくなります。つまり保険金額は被保険者の死亡した時期などによって異なります。但し、年金の受け取り回数には最低保証があり、満期までの年金受取回数が最低保証に満たない場合、最低保証分を受け取れます。
収入保障保険は、定期保険と似ているところもあるのですが、時間の経過とともに受け取れる可能性がある保険金総額が少しずつ減っていくという特徴的な仕組みから、定期保険よりもさらに保険料は割安になっているのが特長で、手ごろな保険料で長期間にわたる保障を用意できる保険となっています。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です