健康保険は病院で保険証を見せるだけじゃない!知っておトクな健康保険の使い方

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の福島です。

健康保険証を出すと診察代が全額ではなく3割負担になりますよね。通院する方には強い味方の健康保険ですが、元気で健康なら保険料の支払いに疑問を持つのも当然です。実は健康保険は病院で提示するだけでなく、他にも便利でおトクな使い方があるのです。今回は健康保険の使い方についてご紹介します。

秩父 保険の相談室 むさしの

会社を長期休業した時にお金が支給される(傷病手当金)

傷病手当金制度といい、休業中に保険に加入している本人とその家族の生活を保障するために作られた制度です。

休業している本人が会社から十分な給与をもらえない場合に支給されます。

傷病手当金が支給される条件

  1. 仕事以外での怪我や病気であること
  2. 仕事ができる状態でないこと
  3. 連続する3日間を含み、4日以上仕事ができなかったこと
  4. 仕事を休んでいた間に給与などの支払いがなかったこと

これらの条件をいたしていると傷病手当金が給付されます。

有給扱いとなり休んでいた日も給与が発生すると、その日は傷病手当金の支給条件に当てはまりませんのでご注意ください。

傷病手当金の支給額はあなたのそれまでの給与から計算されます。支給額がきになる場合は会社の担当者にお尋ねください。

医療費が高額になった時、一定額以上は払い戻しが受けられる(高額療養費制度)

高額療養費制度といい、ひと月当たりの医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額を超えた分を後から払い戻しが受けられる制度です。

ここでいう自己負担額は窓口で支払った金額で、家族分も合算できます。

高額療養費の払い戻し申請を行ってから実際に払い戻しを受けとるまでには3ヶ月以上時間を要します。

医療費の自己負担額の上限、つまり高額療養費制度の申請ができる金額は、本人の給与額で決まります。

給与が多いほど医療費の自己負担額の上限は高く設定されています。

最も給与の安い区分で35,400円が自己負担上限額です。

ですからひと月の医療費が35,400円を超えたら、人事部か健康保険担当者に「高額療養費の払い戻し申請ができるか、できないならいくら以上の医療費で申請ができるのか」を確認してください。

出産するため会社を休んだ時も手当が受けられる(出産手当金)

出産手当金といい、保険料を支払っている本人が出産のために会社を休み給与が受け取れなかった場合に支給される手当です。

出産が予定日よりも遅れた場合もその日数分手当が受け取れます。

その他の使い方

その他にも健康保険は様々な使い方や給付金があります。

限度額適用認定制度

医療費が高額になりそうなことが事前に分かっている際には窓口で支払う医療費を事前に抑えることができます。

埋葬料(埋葬費)の支給

本人やご家族がなくなった際に、埋葬料として5万円が支給されます。

出産育児一時金

本人やご家族が出産された場合に、1児につき42万円が支給されます。

申請の仕方

これまでご紹介してきた方法は、あなたから申請しないと何も支給されません。

申請先はほとんどの場合、あなたの会社の人事部や健康保険担当者になります。申請方法は会社によっては内部回覧用の用紙を記載するなど少しずつ異なります。まずは担当者に、健康保険の制度を利用したいので申請の仕方を教えて欲しいとお尋ねください。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です