子どもが独立したら生命保険の見直しは必要? 

子どもが小さなうちは、自分に万が一のことがあったら…

と考えた保険を契約する場合が多いと思います。

しかし、子どもが独立し就職したりと自分の力で生活できるようになってくると、今まで加入していた保険は必要なのだろうか?と言う疑問も湧いてくると思います。

実際に私たちのところにも、「子どもが独立したら生命保険の見直しは必要ですか?」と言うお問い合わせは多いです。

51歳男性からの問合せがありました。
現在、夫婦、子ども2人の4人暮らしをしています。私も奥さんも会社員として働いています。子どもは2人とも就職してはいますが現在も自宅から通勤しています。

子どもが学生のうちは私に万が一のことがあったら困ると思い、死亡したら5,000万円、月々18,000円の生命保険の他に医療保険などにも入っています。
最近、これから人生でこんなに大きな死亡保障は不要と思いようになりもう少し保険料を安く抑えて、今まであまりできなかった外食に出かけたり、旅行にでも出かけられるようにしたいと考えています。

しかし、保険に関しての知識が乏しいので見直しをするといってもどんな風に考えて見直せば良いのかわかりません。

子供が独立し生命保険の見直しをされた方、実際に最近見直しされた方々はどのような生命保険に加入したのか教えてもらうと嬉しいです。

そして、子ども達の教育のために使ってきたお金ですが、子ども達も就職し子育ても一区切りついたということで、これからは、自分たち夫婦の老後についても考えたいと思います。

確かに、もしかして不要な保障を減らせることができてご夫婦で楽しむ趣味や旅行などにそのお金を使ったり、老後のための資金として貯蓄できたらう嬉しいですよね

そんな訳で、今回は子どもが独立した後の保険の見直しについて書きたいと思います。

保険に加入した理由を考える

そもそも、現在の保険に加入した理由、高額な保障のある保険に加入したのはご主人に万が一のことが起こった時でも奥様や子どもたちが生活するのに困らないように加入されていたのだと思います。

一家の大黒柱に万が一のことがあっては家族が大変ですので、子どもが就職、あるいは結婚するまでは大きな保障があっても良いと思います。

しかし、お子さんが独立されたということは、家族の生活、ライフスタイルも変化したということですので、独立後は、ご主人に万が一のことがあった時の大きな保障は不要になる場合もありますので、現在のライフスタイルに合わせた保険にすることが大切です

必要のない保障にお金をかけていませんか?

まず、現在加入して入る中で、子どもが大きくなるまで困らないようにという保険は、一定期間を保証する定期保険だと考えられます。

定期保険は、加入する方の希望である程度、加入期間を決められます。しかも、決められた期日より前に不要と思われるのであれば、早めに保険を解約することも可能です。

また、期日がきても自動的に更新する場合もありますので注意が必要です。

必ず定期保険解約の通知は来ると思いますが、本人が良くわからないままで保険を継続してしまうと無駄な保険料を払い続けることになりますので十分にご注意ください。

思い切って保険をやめる

あなたの現在のライフスタイルを考えた上で、不要と判断するのであれば保険を解約することをおすすめします。

不要な保険の保険料を減らすことができれば家計も現在よりも楽になると思います。

しかし、大きな保障をやめるのは抵抗があることですので、家族でしっかりと考え万が一のことがあっても生活が困らないようにしましょう。

また、他に加入している保険もあれば全体的に調整・見直しすることである程度の保障をのこしながら金銭的な負担を減らすこともできると思います。

未来のことを考える

子どもたちが独立した後の死亡保障は最低限、例えばお葬式費用程度で良いと考えることもできます。

ご主人が厚生年金者であれば遺族年金などもありますし、傷病手当なども社会保障もありますので子どもたちの生活まで考えなければ、それほど大きな保障を準備しておく必要は無いのではないでしょうか?

また、高齢になれば医療費も1割になる方も多いので医療保障も減らすことを考える時期も来ると思います。

家族のことを考えて大きな保障を残すために保険料を払い続けること。

思い切って大きな保障をやめて保険料負担を減らすことで普段のくらしを豊かにすること。

どちらが正解ということはありませんので皆さんそれぞれの考え方で良いと思います。

まとめ

家族の生活が変化した時に保険の見直しが必要だと思います。

結婚して子どもが生まれた時のように徐々に責任が増え保障も大きくする時期と違って、子どもが独立した後は、自分たちの保障だけを考えていただけたら良いのでは無いでしょうか?

そして、保険を見直すことで、これまで払っていた保険料が減り、その保険料を貯蓄などに回すのもいいですし、運用に回すことで老後の資産形成になり、自分たちが楽しむためのお金として使っていただきたいと思います。

大切なお金ですので皆さんにとって一番良い使い方を考えて見て下さい。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です