保険に加入する際に気をつけること

結婚、妻の出産に伴って家族で生命保険や入院保険・がん保険に加入しようと考える方も多いと思います。

保険加入を考え、色んな保険会社がそれぞれにプラン・設計書を持って来てくれたのは良いのですが、

考えれば考えるほど、「じゃどれがいいの?」となってしまい、早く加入したいのですが決められない!と
そのままにしてしまっている場合も多いようです。

お客様の中にも、

40歳の会社員です

現在は38歳の妻と生まれたばかりの女の子の3人で暮らしています

結婚や出産を機に、生命保険や入院保険・がん保険に加入しようと思っていましたが、

悩んでいたらだんだんと面倒になってしまい数年経ってしまいました。

と言う相談もあります。

確かに生命保険というのはよくわからないので、後回しにする気持ち、良くわかります。

保険屋さんは大体が「これ良いですよ」って言いながらプランを持ってきますので迷うのは当たり前ですよね。

家族で保険に入る際に検討するのが家族(ファミリー)保険などだと思いますが、家族保険は、保険料が割安であることが挙げられます。

また、子どもが何人いても同じ契約・同一保険料で保障されるため、子どもの多い家庭にとってはかなりの節約が見込めます。

これは一見お得に見えるのですが、その際に気をつけて欲しいことがあります。

そこで、皆さんが実際に検討して加入しているもの、加入した保険などからどんな風に保険を選んだら良いのか考えて行きたいと思います。

保険に加入する時に何を大事にするのかを考える

生命保険や医療保険を考える時には「良い」「悪い」ではなく、その保険が今の自分に合っているのか・必要なのかがポイントになります。

色々な保険会社の商品を比べても、似たりよったりなので、一般の方がどこを比較したら良いのかわかりません。

たまに「パンフレット下さい」っていうお客様もいますが、パフレットだけで判断がつくほど保険は簡単ではありません。

年齢や性別はもちろんのこと、いつまでどの程度の保障が必要なのか?いつまでにどの程度の支払いができるのか?

など様々な内容を踏まえた上で検討する必要があります。

その中で、どの程度の死亡保障が必要なのか?  どんな病気が気になっているのか?

などご自身にとって大切なことを考えていくことが大切です。

掛け過ぎ、加入し過ぎにご注意

そもそも保険は皆さまの不安を少しでも和らげるためのものなのだと思います。

そのため、不安になりそうなものに対して保険がある訳なので、

「ご主人が亡くなったら困りますよね。」

「がんになったら大変ですよね」

「2000万円の年金不足はありませんか?」って質問されたら皆さんすべて不安なんですよね。

だからと言って心配しすぎて、何でもかんでも加入したらいくらお金があっても足りません。

せっかくの保険でお金が足りなくなってしまっては本末転倒ですので、

特に自分自身が不安なものに対して保険を活用すると良いと思います

私たちの仕事は、「良いよ」って進めるだけでなく、

不要と感じるものに対しては「要らないのでは」と伝えてることも大切だと思います。

皆さんも不要なものは「いりません」としっかり伝えてください。

ライフスタイルを考える

ご自身のライフスタイルを考えた時、責任の重い時期っていつなのでしょうか?

10年後も20年後も同じでしょうか?

結婚した時、子どもが生まれた時からの10年、それから成人して就職するまでの10年は親として責任が重い時期なのかと思います。

就職した頃には、子どもに対する責任も多少軽くなってくるのかと思います。

しかし、子どもたちへの責任を果たした後、今度は自分たちの老後のために頑張ろうという風に人生の中でも保険やお金に対する考え方、ウエイトは変わってきて当然です。

ですから保険に加入する時も、これで一生涯安心というよりも、

ご自身やお子様の年齢や生活環境が変わった時には「保険も変えよう」というつもりで良いと思います。

保険は大切なものではありますが、定期的に調整していくものであると思います。

いま必要な保障を選ぶ

ご質問の通り、保険に加入する時は面倒なことも多いと思います。

だからといって適当に保険に加入して、必要の無い保障に大金を支払うようなことになってしまうと損をしてしまいます。いま必要な保険・保障をしっかりと選びましょう。

もしご自身の希望に合う商品がないのであれば、保険には加入しないで貯蓄という選択をすることも大切です。

まとめ

保険を選ぶことはとても大変なことではあります。しかし適当に加入するは非常に危険です。保険は、現在、10年後20年後のこともしっかり考えた上で加入しましょう

皆さんの大切なお金を有意義に使っていただきたいと思います。

皆さまの現在のライフシーンを考えたら、今まで絶対に必要だと思っていたものが、不要になっているかも知れません。

私は保険を見直すってことはそういう事なんだと理解していますので定期的に見直しするものだと思っていただけたらと思います。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です