保険とはどういうものなの?公的保険と私的保険の違い

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高橋です。

家族を持ったら保険に加入した方がいいよ!と良く言われるのですが、実際に保険とは何か?ということを理解しないまま保険に加入している方も少なくありません。

保険とは一体どう言ったものなのでしょうか?

この記事でわかりやすく解説していきたいと思います。

保険とは?

将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(日本損害保険代理業協会)

つまり、万が一があっときの備えや、老後を見越して未来を安心して過ごすための「保険」です。

一口に保険と言っても、保険には国や地方公共団体が運営している「国民健康保険」、社会保険の「健康保険」などの 公的保険と、民間の保険会社が運営している私的保険があります。

私的保険には「生命保険」と「 損害保険 」があります。

公的保険とは

公的保険は、「国民健康保険」「健康保険」があります。

健康保険は民間企業に勤める方が対象になっています。

健康保険は、全国健康保険協会や企業が設立した健康保険組合です。

一方、国民健康保険は、都道府県が市区町村とともに運営しています。

国民健康保険に加入する必要があるのは、自営業者とその家族、農業従事者、年金生活者、無職の方、長期在留する外国人などです。

各自治体やけんぽなどが運営しているものが「公的保険」になり、加入は義務付けられています。

私的保険とは?

私的保険には「生命保険」と「 損害保険 」など、民間の保険会社が運営している 「任意」加入の保険です。

社会保険は義務なのですが、こちらは加入義務はなく、どんな保険に加入するのかは自分で選ぶことができます。

生命保険とは

生命保険とは、人間の生存または死亡による損失を保障することを目的とする保険のこと(ウィキペディア)

志望や病気などのもしもの時に備えて生活や家族の為に備えるものです。

生命保険は3つに分類できます。

死亡保険

定期死亡保険(定期保険)

 終身死亡保険(終身保険)

 定期保険特約付終身死亡保険(定期付き終身)

生存保険

学資保険

個人年金保険

生死混合保険

養老保険

3つの分類以外の保険

医療保険

がん保険

就業不能保険

といったものが生命保険の種類となります。

損害保険とは?

被保険利益に生じた欠損を保険金額の限度で填補する保険。(Wikipediaより)

わかりやすく言えば、偶然のリスクから生じた損害をカバーするための保険です。

損害保険は個人け、法人向けとあります。

個人向けは、

自動車保険

火災保険

地震保険

傷害保険

旅行保険

法人向けの保険は、

火災保険

賠償責任保険

貨物・運搬の保険

興行中止保険 などです。

損害保険はお客様のニーズに合わせて新しい商品が増えていています。

山岳保険や、最近ではドローン保険などもあり、時代の変化でニーズに対応しています。

私たちむさしので取り扱っているのは、生命保険でお客様に最適な保険を提案をするため 複数の生命保険会社と契約をしています。

保険の見直しなどを検討の方や、何に加入すればいいのかわからないと言った方は、

生命保険の証券診断も行っていますのでお気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です