特別勘定?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

特別勘定
これは「とくべつかんじょう」とよみます。
前回、保険加入者から預かった保険料を管理・運用する勘定の一つ「一般勘定」についてご紹介しましたが、今回はもう一つの勘定の「特別勘定」というものがありますが、それについてご紹介します。
特別勘定とは、変額保険や変額年金など、運用実績に応じて支払われる保険金などの金額が変動するタイプの保険商品の資産を管理・運用する勘定で、他の保険種類の資産とは区別して管理・運用が行われます。
一般的には、投資信託で運用され、国内外の債券・株式から複数選べる設計になっています。特別勘定はもともとハイリスク・ハイリターンを追求する目的で設置されているので、一般勘定よりも積極的に運用されます。利益が出れば直接契約者に還元されますが、マイナスになると死亡保険金や解約返戻金が減ってしまう仕組みで契約者から支払われた保険料の運用結果について、契約者ごとに直接還元することを目的にして運用されるものをいいます。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでお問合せください

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です