一般勘定?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

一般勘定
これは「いっぱんかんじょう」とよみます。
保険会社は、契約者から預かった保険料を「一般勘定」「特別勘定」と呼ばれる別々の財布に分けて管理し、それぞれ資産運用を行っています。
どの保険料がどちらの勘定に入るかは、保険商品のタイプにより異なります。
一般勘定とは、予め定められた予定利率が保証され、運用リスクは保険会社の方が負い、万が一運用に失敗しても、その負債は保険会社自体が負うことになっていますので、契約者の保険には影響がないので、安定した保険と言えるでしょう。
運用実績にかかわらず、一定の給付が契約者に保証されるタイプの保険商品(死亡保険、養老保険、医療保険、定額年金保険など)の資産を運用管理する際に活用されます。また、運用の結果次第では、配当があります。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでお問合せください

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です