65歳からの保険は必要?加入の前に考えておきたいこと、注意すべきこと

65歳からでも医療保険など保険加入は必要なのでしょうか?

定年退職しても年金の支給は65歳からだし、65歳までは働かないといけない。

最近では、再雇用制度もあり、65歳、70歳と働けるけど、認知症の問題や、老老介護などもニュースになっているし、老後の生活が心配だ!という方も増えています。

そんな老後の不安から、

「なんとなく不安で保険に加入したい」まだ元気で長生きしそうなので今のうちにきちんと保険の整理をしておきたい。

まだまだ夫には頑張って働いてもらわなくてはいけないし、そんな夫のためにもまずは夫の保険から相談して良ければ自分も入りたいと考えています。

確かに人生100年時代と考えるとご主人にはまだまだ元気で働いてもらいたいと思いながらも、もしもの時を考え心配なのは当たり前のことです。

心配するお気持ちよく分かります。

もしかしたらお子さんには頼らずに夫婦でなんとかやっていこうと考えていらっしゃるのかも知れませんね。

そこで、この記事では、65歳以上から保険を検討される方に向けて、注意すべきポイントをお伝えしたいと思います。

秩父保険の相談室 介護保険

健康面に問題はありませんか?

年齢を考えると、保険の加入にあたって気になるのはやはり健康面でしょうか?

60歳を超えてくるとどなたでも少しぐらいは健康に心配があるものです。

私も友人と会えば「最近、耳鳴りがする」「眉毛が伸びてきた」「夜中にトイレに起きるようになった」などと話し、体に変化を感じてきますから…。

私のことはさておき…。
もし65歳の男性でも病院に通うような病気がなく、健康であれば、保険加入を考えてみても良いと思いますが、

健康面に不安があるようでしたら

「持病があっても入れる保険」に加入するか

あるいは特別条件と言って、「特定の部位」が保障されない場合や

「一定期間の保障が減額される」ような加入の仕方になります。

しかし、このような加入の方法だとご自身のイメージとは違う保障内容となってくるかも知れませんので

その辺りはしっかりと保険屋さんに確認してください。

どんな保障に重点をおくのか?

高齢になるとどんな保険であっても保険料が高額になりますので、希望の保障のすべての充実させるわけにはいかないと思います。

死亡の保障
入院の保障
がんや心疾患、脳血管疾患などの三大疾病など

こだわるポイント、心配される事柄を考えて選ぶことが大切になってきます。

いつまでの支払いにするのか?

65歳になってから加入を考えている場合には、保険料の支払いをいつまでにするか?も検討する必要があると思います。

例えば、75歳までの10年間で一生分の保険料を支払うのか?あるいは80歳までなのか?

あとは一生涯払い続けるという選択もあります。

月々の支払金額を考えた場合、一番安いのが、一生涯の支払いです。次に80歳までの支払、75歳まで…と徐々に金額が上がってきます。

しかし、一生涯の支払いとし、100歳まで支払ったと仮定した場合に、支払総額は逆転していまいますので、月々の支払いだけを考えるのではなく、支払総額も意識すると良いと思います。

また、一生涯の支払いとする場合には、「保険料払込免除特約」といって三大疾病などの大きな病気になった時にはその後の保険料は不要という特約をつけることができます。

もちろんすべての病気が対象ではありませんので加入時にはしっかりご確認ください。また、大きな病気に掛からず長生きした場合には一生涯保険料を支払うことになります。

社会保障制度を理解する

あまりに高額な保険料になってしまったり、支払った保険料と見合わない保障しか得られないような場合には保険には入らず、貯金をしておくことも選択の一つです。

また、公的医療保障制度、高額療養費制度などの日本の社会保障制度もしっかりと覚えておくことも大切です。

保険だけに頼らない

健康面を考えた時に、例えば「持病があっても入れる保険」もありますが、保険料が高額になる可能性があるし、月々の支払いを減らすためには長く、高齢になるまで支払いが続くことになります。 

保険はもしもの時に大切だとも思いますが、費用対効果で考えることも大切です。

若い頃はきっと高額な保険料を払って来た方もいらっしゃると思います。健康で過ごし特に保険を使わなければ、その保険料の合計は高級車が楽に買えるほどの方もいらっしゃいます。

これからは、保険で備えるもの貯金で備えるものとしっかりと仕分けしていきましょう。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

友だち追加
LINEでもご相談できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です