ディスクロージャー誌?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

ディスクロージャー誌
ディスクロージャーとは「物事を公に明らかにする」ことをいいますが、ここでは「企業の経営内容の公開」のことです。
各生命保険会社では、一般閲覧用に毎年決算後7月末までにディスクロージャー誌などを作成して、会社の事業年度ごとの業務の内容や財務状況の情報を開示しています。
生命保険会社は、どのような事業を行っているのか、経営内容や財務状況はどうなっているのか、どんな保険商品やサービスがあるのか、などの情報を開示しています。
主な内容としては、直近5事業年度の主要な業務の状況、責任準備金、資産の運用状況、基金(資本金)、ソルベンシー・マージン比率、基礎利益注、有価証券等の含み損益などが掲載されています。
ご自分の契約している、あるいは契約しようとしている生命保険会社の経営状態は、現在、どのようになっているのか、今後の経営方針はどのようになっているのか、などについて調べることができます。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です