指定代理請求制度ってどんな制度?利用する時に気をつけることとは?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高橋です。

病気などで、被保険者が「保険金」や「給付金」などをご自分で請求できない場合に代理として請求を行える指定代理請求について書きたいと思います。

指定代理請求制度とは

保険金や給付金のご請求手続きは、あらかじめ決めておいた受取人ご自身が行います。しかし「被保険者」自身が受取人となる保険金や給付金などについて、

例えば、
「病気で寝たきりに状態になって本人が意思表示できない。」

あるいは、
「本人が病名の告知を受けておらず家族だけが知っている」ような場合、
「被保険者」自身が請求手続きを行えない場合があります。

このような特別な事情がある場合、「契約者」が「被保険者」の同意を得てあらかじめ指定した代理人が被保険者に代わって、保険金等を請求できる制度のことを指定代理請求制度といいます。

どんな内容のものが請求できるのか?

一般的に入院給付金や手術給付金、高度障害保険金、特定疾病保険金、リビング・ニーズ特約保険金、介護保険金・介護年金などがあります。

詳しくはご加入中の各保険会社に確認が必要となります。

指定代理請求人に指定できる人

「契約者」は「被保険者」の同意を得て、下記の範囲内で1人の方を、指定代理請求人として指定することができます。

  • 指定代理人の範囲は、
  • 被保険者の戸籍上の配偶者
  • 被保険者の直系血族(父母・子・祖父母など)
  • 被保険者の兄弟姉妹被保険者の3親等内の親族(叔父・叔母など)

などとなります。
(保険会社によって異なる場合がありますので必ずご確認ください)

また、指定代理請求人は保険金などの請求時においても、この範囲内であることが必要です。

指定代理請求制度で気をつけることとは?

指定代理請求人を指定しておくことで、保険金や給付金の請求がスムーズに行われますが、生命保険会社は指定代理請求人からの請求に基づいて保険金等を支払ったことを被保険者に連絡することは無いとされています。

したがって、被保険者が知らない状況で、保険金等が支払われたことにより、保障内容(保険金額、保険料)が変更になっていたり契約が無くなったりすることがあります。

さらに、保険金が被保険人の希望とは違う形で使用される可能性があるかもしれません。

指定代理請求人を決める際は家族としっかり話し合い、当たり前ですが信頼できる方にお願いしましょう。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

指定代理請求制度ってどんな制度?利用する時に気をつけることとは?”へ2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です