労災保険の加入条件とは?特徴や仕組みを解説

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高橋です。

皆さんご存知の通り保険には公的保険(社会保険)と私的保険(民間保険)があり、社会保険とは日本の社会保障制度の一つで、国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度で、医療保険、介護保険、年金保険、労災保険、雇用保険があります。

労災保険とは

労災保険と聞いたことある人も多いと思いますが、労災保険は、人を雇う際に加入する必要があります。

労災保険の正式名称は、労働者災害補償保険といいます。

労災保険は、業務上や通勤途上における労働者の病気やケガ、障害、死亡に対して給付が行われる制度です。

労災の保険給付金

療養補償給付(けがや病気の治療を行ったときに支払われるもの)

休業補償給付(けがや病気の療養のために休業したときに支払われるもの)

傷病補償年金(療養により治癒しない場合に給付されるもの)

障害補償給付(障害が残った場合に給付されるもの)

介護補償給付(介護が必要になった場合に給付されるもの)

遺族補償給付、遺族補償年金、葬祭料(死亡した場合に給付されるもの)

二次健康診断等給付(脳や心臓に異常が生じた場合に給付されるもの)

(厚生労働省より)

労災保険は従業員が個人で加入するのもではなく、事業所が加入し、従業員に適用されます。

労災保険はそのという事業所が全額負担となり、保険適用は、あくまで、仕事中の怪我や病気があると、国から保険金が支給されます。

労災保険の加入条件

労災保険は、正社員、パート、アルバイト、日雇などすべての労働者が対象です。

派遣の場合は派遣元が加入することになります。

加入条件は、従業員を1人でも雇っている事業所は「必ず」労災保険に加入しなければいけません。

労災保険の加入手続きは?

労働保険の適用事業になった時には、加入するために、保険関係成立届、労働保険に加入した場合に納付する労働保険料について申告する労働保険概算保険料申告書、履歴事項全部証明書(写)1通を、管轄の労働基準監督署に提出しなければなりません。提出期限は、保険関係成立の翌日から10日以内となっています。

忘れずに、届け出をしましょう。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です