一時払い?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

【一時払い】
これは「いちじばらい」とよみます。
生命保険料の支払いには複数の方法がありますが、その中でも保険料を毎月支払う月払いなどが一般的ですが、半年払い、年払いなど、保険料をまとめて支払う方法もあります。
保険料も一般的に、月払いより半年払い、半年払いより年払いなど、まとめて払い込む方法をとるほど保険料を抑えられます。
一時払いは、そのまとめて支払う方法の一つであり、保険期間全体分の保険料を契約時にまとめて払い込む方法のことをいい、払込総額も最も安くなります。 しかし、保険期間中に被保険者が亡くなったり、中途解約した場合は保険料の返還はなく、死亡保険金や解約返戻金のみ支払われます。 また、これに似た払方で、全期前納払いと言う物もあります。
なお、一時払や全期前納払いは保険会社・保険商品によって取り扱いが異なり、選べないケースも多くあります。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です