自動振替貸付?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

【自動振替貸付】
これは「じどうふりかえかしつけ」とよみます。
保険料の払い込みがないまま一定の猶予期間を過ぎた場合、保険契約は失効してしまいます。しかし、自動振替貸付が適用されると、解約返戻金の範囲内で保険会社が保険料を自動的に立て替えてくれるので、 失効することなく、契約を有効に継続させることができます。
立て替えられた保険料には所定の利息(複利)がつき、その全額または一部をいつでも返済できますが、未返済のまま契約が消滅した場合、それぞれの満期保険金、死亡保険金、解約返戻金からその元金と利息が差し引かれます。
「契約者貸付」と合わせた元利金が解約返戻金を上回ると、保険料の立て替えができず、契約は失効します。なお保険種類などによっては利用できない場合があります。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です