告知義務?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

【 告知義務 】
これは「こくちぎむ」とよみます。
生命保険は、多数の人々が保険料を出しあって相互に保障しあう制度です。初めから健康状態の良くない人や危険度の高い職業に従事している人などが無条件に契約しますと、保険料負担の公平性が保たれなくなります。したがって保険契約者と被保険者には、保険契約の申込みや復活などをするときに、過去の傷病歴(傷病名・治療期間等)、現在の健康状態、身体の障害状態、現在の職業等など生命保険会社がたずねる重要なことがらについて、告知書や生命保険会社の指定した医師の質問に事実をありのままに正確にもれなく報告する義務があります。その義務を「告知義務」といいます。告知の際、故意または重大な過失によって事実を告げなかったり、事実でないことを告げたりした場合は「告知義務違反」となり、契約が解除されることがあります。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です