保険にまつわる3人の登場人物とは?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高橋です。

生命保険の用語はよくわからない、難しい言葉が多いですよね。

保険の基礎用語を最初に知ることで、保険について理解しやすくなります。

タイトルにあるように、生命保険の契約には、必ず『契約者』『被保険者』『受取人』の3人が登場します。

この記事では、その3人の登場人物を解説していきます。

契約者とは?

保険会社に契約の申込みをして保険料を支払う人で、契約の当事者です。 

つまり、生命保険契約の一切の権利・義務を有する人を指します。

被保険者とは?

被保険者とは、保険の補償を受ける人または保険の対象になる人です。

生命保険契約においては、その人の生死が保険事故とされる当事者、つまり生命保険の対象として保険がつけられている人をいいます。

損害保険契約においては、保険事故が発生することにより損害を被るおそれのある者、すなわち被保険利益を有している者をいいます。

受取人とは?

生命保険および傷害保険契約で、保険事故発生の際、保険者から保険金の支払を受けるべき者として、保険契約者によって指定された者を指します。

このように、保険には3人の登場人物があり、それぞれ、役割も異なります。

3人の登場人物をわかりやすくまとめると

1人目は、
 〇契約者…保険会社と契約を結ぶ人
2人目は、
 〇被保険者…保険の対象となっている人
3人目は、
 〇受取人…保険金等の支払いを受ける人 です。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です