保険の特約とは?特約の種類とメリット・デメリット

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険のCMなどを見ていると「〇〇特約!」と言う言葉を聞くと思いますが、
特約ってなんだろう?と思ったことはありませんか?

保険の見直しで相談があったときに、よくわからないまま特約を勧められてつけているけど自分に必要なのかどうかがわからない。

と言う方もいらっしゃいます。

そこで、保険の特約とは何か?種類やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

特約とは?

まず特約の意味から考えてみましょう。

特約とは、 特別の条件をつけた約束。特別の便宜・利益をはかる契約をすること。また、その契約。(コトバンク)と言う意味があります。

では、保険の特約とはどう言った意味があるでしょう。

主契約だけではカバーできない保障を充実させたり、保険料払込の方法などの約束ごとを主契約に加えるものです。

特約のみ単独では契約できません。主契約に複数の特約をつけることができます。

特約の種類は?

大まかに以下の種類に分かれます。

*               一定期間の死亡保障を厚くする特約
*               不慮の事故による死亡・障害状態に備える特約
*               入院、手術、通院など病気、ケガの治療全般に備える特約
*               特定の疾病や損傷の治療に備える特約
*               その他の特約

よくある特約

「死亡保障を上乗せする特約」

(被保険者が死亡または所定の高度障害状態になった場合に保険金が支払われます)

・定期保険特約 :期間の定められた死亡保障です。終身保険特約:終身タイプの死亡保障です。

・収入保障特約 :契約時に定めた一定期間(または終身)、保険金が年金で支払われます。

・逓減定期保険特約:期間の定められた死亡保障で、保障額が年々減っていきます。

・三大(特定)疾病保険特約:がん・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態になった場合に保険金が支払われます。

・災害死亡割増特約:不慮の事故による死亡、及び所定の高度障害のとき、または法定・指定伝染病で死亡、及び所定の高度障害のとき、死亡保険金額が上乗せされて支払われます。

・傷害特約:不慮の事故による死亡、及び所定の高度障害のとき、または法定・指定伝染病で死亡、及び所定の高度障害のとき、死亡保険金額に上乗せされて支払われます。
障害が残ったときは、その度合いに応じて障害給付金が支払われます。

ケガ・病気を保障する特約

災害入院特約:災害によるケガで入院したときに給付金が支払われます。

疾病入院特約:疾病で入院したときに給付金が支払われます。

手術特約:手術したときに、所定の給付金が支払われます。

通院特約:所定の日数の入院後に、引き続き通院した場合に給付金が支払われます。

先進医療特約:「先進医療」による治療を受けたときに給付金が支払われます。

生活習慣病入院特約:保険会社の定める生活習慣病で入院したときに、入院給付金が上乗せされて支払われます。

女性疾病入院特約:保険会社の定める女性疾患で入院したときに、入院給付金に上乗せされて支払われます。

特定損傷特約:骨折・関節脱臼・腱の断裂をしたときに支払われます。

リビングニーズ特約:医師に「余命6ヵ月以内」と診断された場合に、死亡保険金額の一部を生前に請求することができます(限度額は保険会社や商品によって異なります)。保険会社の定める死亡保険商品に、無料で付帯できる特約です。

払込免除特約:保険会社の定める所定の障害状態等になったとき、以後の保険料の支払いが免除されます。「所定の障害状態」の定義は、保険会社や商品によって異なります。

特約を付ける際のメリット・デメリット

特約を付けるメリット

特約を追加して付けるメリットは、必要性に応じたオーダーメイドで自分にあった保障を受けられると言う点です。

特約は単独保険よりもシンプルな保証のため保険料が安く設定されている場合が多いです。そのため、保険料を安く抑えたい場合には特約でカバーすることで保険料を抑えられます。

特約を付ける際のデメリット

主契約と全体で一つの保険としてみると保証内容が複雑になってしまいます。主契約に紐づけられて様々な特約をつけてしまうと契約内容を把握できなきなくなってしまい、わかりづらくなってしまいます。

また、単独の保険と違って柔軟に乗り換えができず、主契約を解約すると全ての保証がなくなってしまします。

今後のライフスタイルの変化を見越して自分にあった保険を検討していきたいですね。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえて保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」行なっていますのでお越しください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です