指定代理請求人ってどんな制度?指定代理請求人を利用しないデメリットとは

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。むさしの保険の相談室の高山です。

保険には難しい用語が多いのですが、指定代理請求人という言葉聞いたことがあると思います。

聞いたことはあるけど、実際はどんな制度なのか?をあまりよくわかってないまま指定しているということもあると思います。

そこで、今回は、指定代理請求人ってどんな制度なのか?を解説していきたいと思います。

指定代理請求人とは?

これは「していだいりせいきゅうにん」と読みます。

意味は、保険金等の受取人が保険金等を請求できない「特別な事情」がある時、保険金等の受取人に代わり、保険金等を請求することができる人であり、主契約の被保険者の戸籍上の配偶者など、所定の範囲内でご契約者によりあらかじめ指定された人をいいます。

特別な事情はどんな事情?

特別な事情は保険会社によって違う場合もあるのですが、傷害または疾病により、保険金等を請求する意思表示ができないときや、治療上の都合により、傷病名や余命の告知を受けていないときなどが該当します。

具体的には、事故や病気で寝たきりで自分の意思が伝えられなくなった時や病気で余命を宣告され本人に知らせたくない時などです。

指定代理請求人はどんな人がなれるのか?

指定代理請求人になれる人は保険会社によって異なるのですが、

大まかに次の範囲内から「1名」を指定することが一般的です。

・主契約の被保険者の戸籍上の配偶者
・主契約の被保険者の直系血族
・主契約の被保険者の兄弟姉妹
・主契約の被保険者と同居または主契約の被保険者と生計を一にしている主契約の被保険者の3親等内の親族

保険会社によっては上記外の人ではなくてもなることができます。

例えば、戸籍上は配偶者でなくても、事実婚パートナーなども指定することができる場合もあります。

指定代理請求人を利用しないデメリット

給付金や保険金を請求する事態になったときに、被保険者本人しか請求ができません。

事故や病気で自分で請求できなくなった想定外の出来事に対応できません。

指定請求代理人の注意点

  1. 指定代理請求人がその事実を知らなくても契約することが可能なので、「指定代理請求人」にあらかじめ伝えておくと必要な時に請求することができます。
  2. 指定代理請求人が保険金等を請求しても被保険者には保険金等を支払ったことは連絡されません。
    もし、ガンなど余命告知を被保険者に伝えてない場合に、指定代理請求人が保険金を請求した後に、被保険者本人から保険会社に契約について問い合わせがあった場合、保険会社としては事実をそのまま伝えざるを得ないため、がんや余命を伏せていたことがわかってしまう場合があります。
  3. 指定代理請求人の口座に振り込みすることを認める保険会社と本来の受取人である被保険者の口座にしか認めない保険会社があるため、誰の口座に振り込まれるのかを確認することです。

まとめ

指定代理請求人制度は、被保険者が想定外の出来事が起こってしまった時にあらかじめ指定した請求代理人が保険金などを請求できる特約です。

認知症などになってしまった時に口座が凍結されてしまうこともあります。被保険者が意思表示できなくなってしまった時に備えて、指定代理請求人を定めておくと安心です。

また、契約時に一度設定してそのまま忘れてしまっているということは非常に多いです。生活に変化があった時は指定代理請求人は見直しをしてみましょう。

もしもの時でも安心して保障が受けられるようにしておきたいですね。

むさしの保険の相談室では、保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」説明することで、お客様がご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。それは保険で損をする人を増やさないため、”保険加入ありき”ではない「保険の相談」につながっています。
保険の相談会のお知らせはこちら

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえて保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」行なっていますのでお越しください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です