指定代理請求人?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

前回までに、生命保険や医療保険に必ず登場する三者「契約者」「被保険者」「受取人」についてご紹介しましたが、今回は、その三者以外の「指定代理請求人」についてご紹介します。

【指定代理請求人】 
これは「していだいりせいきゅうにん」とよみます。
意味は、保険金等の受取人が保険金等を請求できない特別な事情があるとき、保険金等の受取人に代わり、保険金等を請求することができる人であり、主契約の被保険者の戸籍上の配偶者など、所定の範囲内でご契約者によりあらかじめ指定された人をいいます。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です