契約者(保険契約者)って何?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

「契約者」と聞いて皆さんはどのようなイメージを持たれるでしょうか?

何かを契約する人、契約した人と行ったイメージでしょうか。

では、契約とはどのような意味があるでしょう。

契約とは?辞書によると、

複数の者の合意によって当事者間に法律上の権利義務を発生させる制度。

合意のうち、法的な拘束力を持つことを期待して行われるもののこと。

とあります。

契約者という言葉は、実は保険用語でもあるって知っていましたか?

そこで今回は、保険用語でもある契約者についてお伝えしたいと思います。

契約者(保険契約者)とは

【契約者】 これは「けいやくしゃ」と読みます。

意味は保険会社と保険契約を結び、契約上のいろいろな権利(契約内容変更等の請求権)と義務(保険料支払い義務)を持つ人のことをいい、保険金額や保険料の支払い方法、受取人を誰にするかなど、契約者が申し込みの内容を決定します。

簡単に言ってしまえば、保険契約の申込みをし、保険料を支払う人をいいます。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでもご相談できます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です