契約応当日?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高山です。

保険は難しい用語や漢字がいろいろ出てきますね。ここでは保険を理解するために知っておくと便利な 基本的な用語をご紹介させていただきます。

【契約応当日】
これは「けいやくおうとうび」とよみます。
意味は、ご契約後の保険期間中に迎える契約日に対応する日のことをいいます。契約日の月ごとの応当日を「月単位の契約応当日」、半年ごとの応当日を「半年単位の契約応当日」、年ごとの応当日を「年単位の契約応当日」といいます。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

関連記事

2 thoughts on “契約応当日?

  1. お客様 より:

    はじめまして。埼玉県入間市在住の者です。
    「契約応当日」を検索していて貴サイトにたどり着きました。

    といいますのも、現在契約している保険会社から先日、
    「契約応当日」のお知らせのような葉書が送られてきたためです。
    どうやら年単位で送られているようです。

    疑問なのは、契約者にとってこのお知らせは何の意味があるのかという点です。
    何らかのリアクションを促されているものなのでしょうか。

    以上になります。お邪魔しました。

    1. むさしの保険の相談室 より:

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      契約応当日について検索されていたんですね。
      お客様からも「保険会社から届くハガキや書類はどうしたらいいの?」などと質問を受けることがあります。

      さて、コメントにありました「何らかのリアクション…」についてですが、
      送られてきたハガキの中に「保障の内容」が記載されているようでしたら、
      「お客様自身の保険を思い出していただき、確認していただくこと」を目的としている可能性が高いと思われます。
      理由としては、保険金の請求をし忘れている方がいらっしゃったり、
      今の生活環境に保障内容が合っていないのにもかかわらず、そのまま続けている方も多くいらっしゃいます。
      ですので、加入されている保険と保険料を無駄にしないためにも、届いたハガキの内容をご一読いただくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です