保険料は会社で払うか?社長の給与から払うか?

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高橋です。

最近保険業界内で騒がれている法人保険について少し書きたいと思います。
法人の保険といえば会社の経費で加入できる保険ですが、経営者はなるべく経費で落としたいと思うのは当然ですよね。そして、加入する方も多いようです。

そんな中、今年の2月に生命保険を監督している金融庁が
「保険料のすべてを経費で落とした後、数年後にある程度のお金が戻ってくるという保険はダメですよ」
という方針を出しました。
これにより法人の節税保険をメインに扱っていた代理店や保険業界では、会社の経費で落とす保険の販売が難しくなり、この発表のことを「バレンタインショック」と呼んでいます。(2月に発表だけに…)

話は変わりますが。
そもそも保険商品というものは色々な使い方があります。
税金を抑えたいという考えであれば、
相続の非課税枠の1名(法定相続人)500万円、
法人でいえば、退職金も同じく1名500万円ですよね。

業界内がすごく騒ぎますが、法人の優位な保険商品が無くなった訳ではありません。
簡単なところでは、医療保険は全額会社の経費で落とせますので、高い医療保険を払っているようでしたら会社で払うようにすれば社長の手取りが増えますよね

しかし、今までのように高額なお金を決算前に経費にしたいというような保険は無いと思いますので、計画的に節税、会社の経費をつかいながら、日頃頑張っている社長自身の保障を蓄えておくことが大切だと思います。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでお問合せください

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です