傷病手当金はいつもらえるの?受給条件と申請方法

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高橋です。

毎日健康的に過ごしていたいですが、病気や怪我は突然起こり得る場合もあります。

低度の風邪やかすり傷くらいでしたら問題ありませんが、回復までにっすを必要とする場合は、仕事も休まなくてはいけません。

そうなってしまうと、毎日の生活が不安になりますよね。

しかし、日本には、私たち国民が安心して生活するための公的制度があります。

今回お伝えする「傷病手当金」もその一つです。

この記事では、傷病手当金の申請のしかた、いつ受給が受けられるのか?など傷病手当金についてをお伝えしたいと思います。

傷病手当金とは

病気休業中に被保険者とその家族の生活を守る為に設けられた公的な制度になります。

被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に、健康保険から支給される手当て金になります。
「傷病手当金が支給される条件」

傷病手当金には、支給される条件があります。

・療養が必要な病気が怪我が業務外であること。

通勤を含む業務内で怪我や病気などにかかった場合は労災保険が適用されるので業務外が対象になります。

また、傷病は自宅療養も含まれます。

・病気や怪我が原因で仕事に就けなくなった場合。
今までやっていた仕事を病気や怪我が原因でできなくなってしまった場合にも傷病手当金は支給の対象になります。

この場合は、医師の意見をもとに被保険者の業務の種別を考慮したりして本来の業務に耐えることが出来るか否かが基準になります。

・連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
1日、2日だけ休んだからと言って傷病手当金がもらえる絵わけではありません。3日間連続して休むことを待期期間といいますが、この待機期間が成立し、4日以降からとなります。

合計3日ではなく、3日連続待機期間がないといけません。

・休業した期間に給与の支払いがない場合

病気やケガで療養して仕事に就けない状態であっても、給与の支払いが行われている場合には、傷病手当金が支給されることはありません。

ただし、支払われている給与が傷病手当金の金額よりも少ないとき、その差額分は支給されることになっています。

傷病手当金の受給期間と支給額

4日目から最大1年6ヵ月間支給されます。

この期間を過ぎても仕事に就けない場合でも傷病手当金は支給されることはありません。

この場合の支給額の目安はお給料の三分の二程度となります。

申請方法

傷病手当金支給申請書を入手し、必要事項を記入します。

傷病手当金支給申請書は会社の担当部署でもらうか、郵送してもらえます。

また、一部、会社が加入している健康保険組合のホームページからダウンロードできます。

傷病手当金の受給はいつ?

傷病手当金は申請してから、審査が行われ、支給か不支給かが決まります。その際は合否の通知書が送られてきます。支給決定した場合は、申請から1ヶ月くらいとなります。

場合によっては2、3ヶ月ほど審査に時間がかかることもあります。

「傷病手当金の申請には時効があります」
仕事を休んだ日1日ずつにつき時効が発生します。仕事を休んだそれぞれの日の翌日から2年で時効となるため、2年以内に申請しましょう。

まとめ

このように、安心して生活できるような制度があります。
病気やけがで働けなくなってしまった場合は、会社の担当者とも相談し、早めの申請することをお勧めします。

公的サービスだけでは心配だ!と感じる方は、民間の保険もぜひ検討して見てください。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

友だち追加
LINEでお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

子どもの進学

次の記事

褒め言葉