秩父の保険 国民健康保険(国保)について

秩父で生命保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の高橋です。

皆さんご存知の通り保険には公的保険(社会保険)と私的保険(民間保険)があり、社会保険とは日本の社会保障制度の一つで、国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度で、医療保険、介護保険、年金保険、労災保険、雇用保険があり、公的医療保険には、「健康保険」「国民健康保険(国保)」「後期高齢者医療制度」があります。

「健康保険」…会社員とその家族が対象
「国民健康保険」…自営業者などとその家族が対象
「後期高齢者医療制度」…75歳以上の人が対象

その中で、今回は「国民健康保険」について書きたいと思います。

国民健康保険は、一般的に国保(こくほ)と呼ばれていて、健康保険や共済などの適用を受けない自営業の方や働いていない方など、市区町村に住んでいる人を対象とした保険です。

主な給付内容は、本人と家族療養費、高額療養費埋葬料などです
健康保険にはある、出産手当金、傷病手当金は無いので注意が必要です。

保険の「わかりにくさ」を「わかりやすく」してご自身にとって最適な保険を選んでほしいと思っています。
保険で損をするような人を増やしたくないから、「保険加入ありき」ではない保険の相談をしています。
相談会のお知らせはこちら→

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認してするとともに、ご家族の生活スタイルなどを考え保険の必要性を考えます。「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたの相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」を行っていますのでお越しくださいませ。

秩父の保険 国民健康保険(国保)について”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

夢占い

次の記事

アマイモノハベツバラ