秩父の保険相談室

秩父で保険の相談、見直しのお手伝いをしています。
むさしの保険の相談室の福島です。

先日、お客様から「保険が満期になるんだけど、どうしたらいい?」
というご相談を承けました。

お話を伺っていく中で「どうしたらいい?」の言葉には
「どうにしたらより良くなる?」という意味が含まれていました。

お客様の想いを保険に活かす為に、お客様の話を聴く。

これをしたからこそ、お客様の「どうにしたらより良くなる?」という
想いを伺うことができたのだと思いました。


“保障は目に見えません。だからこそ「必要なもの」と実感して保障をお持ちいただきたい”
これはむさしののこだわりです。

お客様の想いが活かされた、お客様自身が必要を思われる保険。
こんな保険をお客様へお渡しできるようにしています。

最終的に、先ほどのお客様は今まで貯めてきたお金を「いつか会う孫へ、お小遣い貯金」として貯め続けることになりました。
私もお孫さんに会うのが楽しみです。

それでは、本日もお客様のお話を聴いてまいります!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

三刀流?

次の記事

パソコンで文章