病気が気になる年齢になったら医療保険をご検討されることをお勧めします。
遺伝も踏まえ、ご自身がどの病気になる可能性があるかも考えて「入院するとかかるお金」に対し「まとめてもらえるお金」を決めていくと良いでしょう。

万が一、入院となった時に入院費を補う形として加入される方が多くいらっしゃいます。
公的な保証も考えて足りない分として加入される方、
差額ベット代も踏まえて加入される方、それぞれです。

万が一、ガン・脳血管疾患・心疾患で入院された場合の治療費に備えて

日本人の死亡原因ワースト3位を占める三大疾病です。
高額な治療にかかる医療費や長期にわたる治療での経済面の心配を軽減してくれます。

ガン、脳血管疾患、心疾患など、特定の病気。
又は入院が長引くことが予想されたり、治療費が多くかかりそうな病気とされている病気にかかった場合を考えて加入される方がいらっしゃいます。

保障から保険を考える

関連記事

ライフシーンで保険を考える