普段、健康な時は病気を気にせずに生活していますが、前触れもなく突然倒れてしまったり、シクシク痛かったけどもう我慢できなくなり病院へ行ったら急遽入院。ということもあります。

そんな時はご家族も同様してしまいますし、ご本人は自分の体への不安と入院という環境の変化に動揺してしまいます。

万が一このような状態になってしまった時は、まずは病気を治すことが大切です。

でも、こんな状況、あまり考えたくありませんよね。
せめて保険の準備だけでも健康なうちにしておくと良いですね。

病気が気になりだしたらご検討いただきたい保険はこちら

医療保険は皆さん加入されている可能性が高い保険です。
ですが、どんな保険に加入してるかを知らずいる方が多いので、まずは病気が気になりだしたら内容を確認されることをおすすめします。
もしご自身で確認できないようでしたらしたらむさしの保険の相談室の相談会でご相談ください。

医療保険の目的は入院した時にかかるお金の準備ではないでしょうか?
その準備の詳細は、高額療養費も考えて足りない分として加入したり、差額ベット代やその他の入院にかかるすべての費用を医療保険で準備しておきたいと考えて加入される方、それぞれです。

ご自身が入院した時にどこまで医療保険で保障したいか?
どこまでは貯蓄から出せるか?などを考えて入院日額などを決めると良いでしょう。

また、がんが心配な方は

医療保険にがん特約を付ける

または、

医療保険に三大疾病特約を付ける

のも一つの方法です。

(三大疾病(ガン・脳血管疾患・心疾患)は日本人の死亡原因ワースト3位を占めると言われています。)

また医療保険とがは別にがん保険特定疾病保険に加入することも一つの方法です。

関連記事

ライフシーンで保険を考える

保障から保険を考える
秩父 むさしの保険の相談室

むさしの保険の相談室は、現在加入中の保険について確認するとともに、ご家族の生活スタイルなどを踏まえ保険の必要性を考えます。
「保険を安く抑えてお金を貯めたい」と思っているあなたのご相談に乗ります。定期的に「保険の相談会」も行なっていますのでお越しください。

秩父 むさしの保険の相談室