お子さまが社会人になり独立すると、親としての責任を一つ果たしたとして、家族のための高額な死亡保障は不要になります。 反対に年齢と共に健康への不安が増すことから医療保障を充実させる必要があります。
蓄えた資産をご夫婦の生活の目的別に仕分ける事が今後の生活をより良くさせます。

平均寿命が延びている昨今、老後と言われる期間は長くなりつつあります。長い人生を充実して過ごすためには、経済面、健康面が大きく影響します。 そこでこれまで掛けていた各種保険を見直し、今後の人生に必要な保険を残すようにしましょう。

定年を意識されている方にご提案している保険はこちらです。

保障から保険を考える

関連記事

ライフシーンで保険を考える