人生のそれぞれの場面で必要なものが違う

保険は、 現在の生活環境に合った最適な保障を維持するだけではなく、必要となる保障額と家計にとって無理のない保険料を設定し直すことが不可欠と考えます。

自動車に例えると、若い時には自分の好みによってマイカーを購入しますが、結婚すると「2台あった方が良いのか?1台で良いのか?」となります。さらに、お子さまが生まれたら人数が多く乗れるファミリーカーを選ぶし、家計のことも考えて燃費の良い自動車を選択するかもしれません。また、お子さまが独立すれば、今度は夫婦2人が乗れるもので良いし、さらに高齢になれば、あまり遠くには行かなくなるので、大きな自動車よりもコンパクトで燃費の良い自動車を選ぶことでしょう。
このように、人生のそれぞれの場面で必要になるものは変わるのが当然です。
保険もまったく同じで人生のそれぞれの場面で、必要となるものが変わってきて当然だと思います。
下記では、その場面ごとにどのように考え、見直すのが良いのかをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

秩父保険の相談室

ライフシーンで保険を考える

保障から保険を考える